6/6(水) やさしくわかる原子力災害、福島の今、新電力の話

東日本大震災、福島第一原発事故から7年がたちました。
当時の福島は?そして今は?どのような様子なのでしょうか…。
今回は、福島から兵庫に避難されている大関さんからお話をうかがいます。
【お話ゲスト 大関美紀さん】
福島県郡山市にて被災。
子どもたちを放射能から守る活動をしている「3a!郡山」に参加し、被ばく防御に努める。
2012年4月、田村市の実家への引っ越しを経て、2013年8月に兵庫県へ母子避難。
原発賠償ひょうご訴訟の原告、避難者支援の一般社団法人リボーンも務める。

「やさしくわかる原子力災害講座」も同時に開催。原発災害の基本的なことから、関西で気になることまでお話しします。
【笑顔つながるささやまステイ実行委員会 代表 中村伸一郎】

さらには、原発に依存しない新電力の選び方について、検針票の見方から、新電力の仕組みまで、お話しします。
検針票をご持参ください。
【コープでんき 大谷常雄さん】

【場所】monoile
【参加費】500円

お申し込みは、コチラ!
みなさんのお越しをお待ちしています。

monoileでは、『笑顔つながる写真展~福島・宮城から篠山へ~』も開催中。
当日、monoileのカフェ営業はありませんが、写真展はご覧いただけます。
http://sasayama.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です