私たちの想い

地震、台風、豪雨、土砂災害、津波、etc.
災害はいつどこでやってくるかわからない。
みんなで学び、みんなで備え、少しでも被害を減らせるように!

東日本大震災の福島第1原発事故により、放射能の影響を受けている地域で、子どもたちを守ろうとがんばっているママたちを取り上げた映画『小さき声のカノン』
兵庫県篠山市で行われた上映会で、その映画を観て「何かやらなきゃ!」「私たちにできることは?」「私たちがやるべきことは!」と気づいたとあるママ。
そのママと上映会共催者の2人が、「DVD『カノンだより』を上映しよう!」と話したことからスタートしました。
話しているうちに「DVD上映だけやってもダメだ。防災・減災の基本から学ばないと!」と、防災・減災についてあれこれ学んでいます。

災害は万が一ではなくなってきました。
みなさんも、少しでも被害を減らすため、一緒に学びませんか?

※ DVD『カノンだより』は映画『小さき声のカノン』に収録しきれなかった映像の短編集。